【耳鳴りの原因】キーンという高い音が鳴る場合に考えられる原因

耳鳴りの原因は様々だが、キーンという高い音がなる場合に多い原因は下記かと。

・突発性難聴
→何も心当たりがない。突然鳴りはじめる。片方だけ鳴る。キーンの場合も、ボー(低い)の場合もある。
・騒音性難聴(ライブ耳、音響障害)
→でかい音を聞いた後から鳴り始める。両方なる事が多い。キーンと高い音。
・自律神経失調
→最近無理なダイエットをした。昨晩寝てない。音は様々。

耳鳴りが止まらない時は、すぐにでも病院に行かなければいけない。
耳鳴りの治療は1週間以内に行わないと改善の見込みがなくなるからだ。

病院に行くべきかどうか判断しづらい時は、自宅で簡単な聴力検査をしてみるのをおすすめする。
スマホのアプリストアでも聴力検査のアプリはたくさんあるし、スマホがないという人はyoutubeで「1000hz」「4000hz」などと検索すると、その音程の音を鳴らしてくれる動画がある。まずはそれを探してみて欲しい。

スマホやyoutbeでやる簡単聴力検査は、当然ながら正確性にはかける。
だが病院に行かなければいけないほどに聴力が落ちている場合は、明らかに音の聞こえが悪くなるはずだから
すぐに異常だと分かるはずだ。

僕が騒音性難聴になった時、かなりでかい音でなっているはずの4000hzの音が全く聞こえなかった。
同居人に「え!?あんたこれ聞こえないの!?超デカイ音だよ!!」と言われたくらいだ。
(騒音性難聴が治った後に聞いたら「え!?僕これが聞こえなかったの!?」というくらいでかい音だった。)

耳鳴りは、聴力が落ちてる音程の音が鳴る。
なのでキーンという高い音がなるという人は、2000hz、もしくは4000hzが聞こえなくなっているはずだ。

4000hzが聞こえない場合は、騒音性難聴が原因かな・・・と原因の特定もしやすくなる。
また、耳鳴りは聞こえるけど聴力は落ちてなさそうって言う時は、自律神経が原因になっている事もある。自律神経が乱れているせいで血流が悪くなり、耳の中が浮腫むらしい。その結果、耳鳴りが聞こえる事があるんだとか。

まぁ、何はともあれ、耳鳴りが止まらない時はすぐに病院に行ってね!

 

SNSでもご購読できます。