やる気研究

焦ると上手くいかないのは、物事の本質を見失うからだ。その1【焦り対策】【ストレス】

何事も焦るとうまくいかない。
焦れば焦るほど、最短ルートを走ろうとしてしまうからだ。

最短ルートを走ろうとすると上手くいかない事は、実は結構ある。

例えば恋人作り。焦れば焦るほど上手くいかない事の代表だろう。
その他にも、勉強、就活、お金儲け、友達つくり、ダイエット、美容…..表面上は成功しているようにみえても、実は中身がカラッポ!自分の気持ちと能力がついてこない状態で得たものは、すぐに腐ってあなたから離れていくだろう。

今までに「焦ってやって、成功した事」は何か一つでもあるだろうか?

「そうはいっても、タイムリミットがあるから、嫌でも焦らないわけにはいかないよ」というような意見もあるだろう。
受験・結婚・就職活動なんかがソレにあたる。
だがボクが言いたいのは、「焦らない=後回しにする」ではないということだ。
タイムリミットというのは、社会が勝手に決めた事であって、絶対的なタイムリミットではないんじゃないか?

何かに焦っている人は「今結果を出さなければ、未来は絶望的」とまで病的に結果を求めているものだが、それは果たして本当にそうなのかを一度立ち止まって考えてみて欲しい。
一体あなたをそこまで焦らせているのは誰だろう。社会の暗黙的な了解?まわりの友人?雑誌の記事?テレビの情報?あなたのご両親?

「焦り」という感情は、「何者かによって作られる」感情である。

「焦り」という感情は、「何者かによって作られる」感情である。
テレビもラジオもネットもない環境で、一人で生活している人には生まれにくい感情だ。
(飢餓等からくる危機感はこれにはあたらないとする)

もしも今あなたが何かに焦っているのなら、一旦ストップしてほしい。
そして「あなたがそれをしなければならない理由」をもう一度ゆっくりと考えるべきだ。

焦りとは、何らかの不安を解消したい気持ちから生まれるもの。
だが、その目標を達成することであなたの不安は100%解消されるのだろうか。不安が解消された先に待つのは本当に幸せだろうか。
本当に他に道はないのだろうか。

本当に心から達成したいと思っている目標であれば、そこに焦りは生まれない。
楽しい、幸せ、やりがい、というようなプラスの感情が生まれるはずである。

焦ると上手くいかないのは、物事の本質を見失うからだ。その2へ続く

焦ると上手くいかないのは、物事の本質を見失うからだ。その2【焦り対策】【ストレス】

焦ると上手くいかないのは、物事の本質を見失うからだ。その1 の続きです。

+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

例えば就職活動。
就職活動での焦りは、「自分だけ就職できなかったらどうしよう、このご時世新卒を逃したら後がないぞ」という不安から生まれる。
もしもあなたが「いろんな会社を見たい、知りたい」「自分の能力が活かせる会社を探したい」「自分が心から役に立ちたいと思える人達に出会いたい」と思っているのなら、就職活動に対して焦りは生まれない。
本当は就職なんてしたくないけど、早く内定を取らないとおいていかれるから、焦って会社を探すのだ。

就職に対して心が成熟していない状態で焦って探した就職先…うまくいくはずがないのは明らかだ。

余談だが、ボクは会社の面接には絶対に落ちない自信がある。
「これだけ素晴らしいポートフォリオがあれば、会社は100%採用するだろう」という準備を念入りにしてからしか、面接にいかないからだ。

ちゃんとした能力があれば、就職も転職も、年齢制限も職歴も資格のありなしも全く関係ない。絶対的な自信がついてはじめて焦りは解消される。相手に自分の未来を預けるような事はしないほうが良い。自分自身の健康に悪いからだ。

焦りをこじらせると現実逃避へと移行する

さて、ここまで色々焦りはよくないみたいな事を言ってきたが、全く焦りがない状態というのもよくない。

・10年間ニートをしているが、親はまだ生きてるし、全く焦ってない
・貯金がそこをつきそうだが、いざとなったら生活保護があるし、なんとかなるだろう

それは焦っていないのではなく、ただ単に現実逃避しているだけだ。焦るよりもタチが悪い。
「焦り」という感情は、行き過ぎると「現実逃避」へと移行する。 何もかもどうでもいいと思っている人でも、昔は人並みに焦っていた時期があったはずだ。焦って焦って解決策を探して、それなのに結局上手くいかなかったから、何もかもどうでもよくなって現実逃避に移行した。こうなるといよいよ修正が難しくなる。

なのでどうか、あなたは焦らないでほしい。
物事の本質を見失わないように、自分の気持ちを無視しないように、一歩一歩前に進もう。

無気力から脱出するためには目標が必要だけど、重要なのは目標そのものじゃないんだ。【やる気が出ない】

ボクは何年も前から自分の中の無気力と戦っていますが、結局のところ何かしらの目標がないと無気力からは脱出できないと思います。

無気力をこじらせたボクのような人間は「運動をする」「日光を浴びる」「やりたい事リストを作る」というような小手先のテクニックは全くの無意味。
いや多少は意味があるのかもしれませんが、もってせいぜい半日といったところでしょうか。
簡単に出来る改善策は、簡単に効力を失ってしまうものですからね。

そんなボクが無気力から脱出できたのは、会社をやめて個人事業主になるという目標を思い立ったのがキッカケです。

もともと個人事業主には興味がありました。「会社にいかずに仕事にありつけるとはなんと素晴らしい!」とずっと前からそんな風に思っていたと思います。いずれは個人事業主になれたらいいなと思いつつも、なれるのはずっとずっと先の事だと思っていました。

これが目標を探す上でのポイントです。
「前々からやりたい事はあったけど、やれるのはずっとずっと先だろう」
そういう風に思っている事が、アナタにもありませんか。

それがねぇから無気力なんだよクソが!!
そう思っていたボクですらあったんです。
個人事業主になって家から一歩も出ず金を稼ぐこと、そしていつかは外国に住んで今の日本とは全く別世界のキラキラした世界で新たな人生をやり直すこと。
(※ボクはまだ海外旅行をしたことがないので、海外に幻想を抱いています。)

だからアナタにも何かしら心に秘めて忘れている目標あるはずです。
これはネットや本で探すものではありません。「そういえば前々から興味があった・・・」とアナタはすでに答えを知っているはず。

前々から興味があるにも関わらず実行が出来ていないということは、アナタはそれをしたいと思いつつも、する気力やする時間やするための金を用意できなかったということでしょう。

が、それは問題ではありません。

IT技術者であるボクが「英語の分厚い超退屈な技術書」を読むことは、そのまま技術力アップへと繋がります。
ですが、もしもボクが営業職だった場合は、そんな分厚い技術書を読むことに趣味以上の意味は見出だせないでしょう。苦労に対しメリットが追いつかなくて速攻で飽きます。

何を言いたいかといいますと、目標を持つだけで、今まで速攻で飽きていたアレやコレやにやる意味を見いだせるようになるのです。目標を持つ事の意味は、そこです。すべての出来事の興味の底上げ、それが目標の持つ力です。

「欲がなくなる」という事と「死にたい」という事はとても近い。その2【無気力】【無欲】

「欲がなくなる」という事と「死にたい」という事はとても近い。その1 の続きです。

+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

「毎日図書館に自転車で通っているけど、足が疲れちゃった。あーあ、電動自転車がほしいなぁ。」
これは、図書館に通うことで生まれた「物欲」である。

「毎日図書館に通ってるけど、特に読みたい本がないんだよね。どの本を読んだらタメになるのか手っ取り早く知りたいなぁ…」
これは、図書館に通うことで生まれた「知識欲」である。(Amazonでレビュー数が多い本から読むと良いよ!)

「毎日図書館に通ってると、交通費がかかってしかたがない。お金払ってまで、通う意味あるのかなぁ。」
これは、図書館に通うことで生まれた「金がほしい欲」である。

これらは、図書館に通うことがなければ、生まれなかった欲である。
すべての行動には、良いにしろ悪いにしろ、何らかの変化を起こす力がある。
欲とはいうなればマイナス感情なので、最初は「いやだなぁ」と思うかもしれない。だけど「〜したいなぁ」というマイナス感情が起こる度に「あ、今のは欲なのか」と感じることが出来れば、無欲は解消できるのだ。

無欲解消の秘訣は、「厳しい環境」の中にある

無欲なあなたは、きっと居心地の良いぬるま湯のような環境に住んでいるのだろう。

ボクも以前はそうだった。すごく辛かったし、時間とともにどんどん無欲になっていく自分に焦り、「もしかしてもうすぐ死ぬんじゃないか」と心配すらしたこともある。

そんなボクを無欲から救ったのは、海外留学である。
ある日本屋の旅行雑誌のコーナーを目にした時、ふとヨーロッパに留学することを思い立った。

留学を決意した途端、ぱーっと世界が広がって目の前のキリが晴れたような思いをした。八方塞がりだったボクも「海外にはまだ逃げ場がある!海外にいけばきっと知らない世界が待ってる!」と思えたからかもしれない。
その後、海外留学のためにお金をため、海外留学のために言語を学んだ。(今もなお継続中)
きっかけというのはどこに眠っているか、本当にわからないものだ。

「欲がなくなる」という事と「死にたい」という事はとても近い。その1【無気力】【無欲】

「欲がなくなる」という事と、「死にたい」という事はとても近いとボクは思う。

人間は、刹那刹那の欲を叶えるために、いまこの時を生きている。

生きるためにご飯を食べるのではなく、お腹が空いたからご飯を食べる。
子孫を残すために恋愛するのではなく、性欲を満たすため、孤独を癒やすため、見栄を張るため、人生を楽しむために恋愛をする。
人間のすべての行動は生きるために行われているのではなく、欲を満たすために行われているのだ。

とすると、欲がなくなってしまった人間は、生きる気力を失ったも同然。
もしも「お腹がすいた、ご飯をたべたい」と思えなくなったとしたら、「別にご飯なんて食べたくないけど、食べないと死ぬし、仕方がないから食べるとするか」と思うようになるだろう。
そうなると後は時間の問題だ。
「別にご飯なんて食べたくないけど、食べないと死ぬし、・・・あれ?そういえば何で生きてるんだっけ?」と考えるようになり、希.死.念.慮の出来上がりである。

欲がない原因が、職場のストレスであれば救いようがある。退職すれば見違えるように治る。
しかしストレスに心当たりがなく、すっかり慢性化してしまった「無欲」はとてもタチが悪い。まるで重度の生活習慣病のように、その人の環境や生き方そのものに原因があるので、改善が難しいのだ。

「欲がない」ことに気づいたら、今の貴方の環境を変えなくてはいけないサイン

「欲がなくなる」状態になったら、一刻も早く今の環境を変えなくてはいけない。今の環境は居心地がよくて楽かもしれない。しかし人間の本質である欲がなくなっている以上、その居心地の良さは偽物である。
嫌なものから逃げているか、目をそらしているか、臭いものにフタをしているか…。
いずれにせよ、環境を変えない限り、無欲から解放される事はないだろう。

「じゃあ環境を変えるために今日は駅前の図書館で一日過ごしてみようかな…」
この程度の環境変化でも、十分効果がある。
外からの刺激が加われば、それをきっかけに必ず何かしらの反応がある事は間違いないからだ。

「欲がなくなる」という事と「死にたい」という事はとても近い。その2へ続く

焦ると上手くいかないのは、物事の本質を見失うからだ。その1【焦り対策】【ストレス】

何事も焦るとうまくいかない。
焦れば焦るほど、最短ルートを走ろうとしてしまうからだ。

最短ルートを走ろうとすると上手くいかない事は、実は結構ある。

例えば恋人作り。焦れば焦るほど上手くいかない事の代表だろう。
その他にも、勉強、就活、お金儲け、友達つくり、ダイエット、美容…..表面上は成功しているようにみえても、実は中身がカラッポ!自分の気持ちと能力がついてこない状態で得たものは、すぐに腐ってあなたから離れていくだろう。

今までに「焦ってやって、成功した事」は何か一つでもあるだろうか?

「そうはいっても、タイムリミットがあるから、嫌でも焦らないわけにはいかないよ」というような意見もあるだろう。
受験・結婚・就職活動なんかがソレにあたる。
だがボクが言いたいのは、「焦らない=後回しにする」ではないということだ。
タイムリミットというのは、社会が勝手に決めた事であって、絶対的なタイムリミットではないんじゃないか?

何かに焦っている人は「今結果を出さなければ、未来は絶望的」とまで病的に結果を求めているものだが、それは果たして本当にそうなのかを一度立ち止まって考えてみて欲しい。
一体あなたをそこまで焦らせているのは誰だろう。社会の暗黙的な了解?まわりの友人?雑誌の記事?テレビの情報?あなたのご両親?

「焦り」という感情は、「何者かによって作られる」感情である。

「焦り」という感情は、「何者かによって作られる」感情である。
テレビもラジオもネットもない環境で、一人で生活している人には生まれにくい感情だ。
(飢餓等からくる危機感はこれにはあたらないとする)

もしも今あなたが何かに焦っているのなら、一旦ストップしてほしい。
そして「あなたがそれをしなければならない理由」をもう一度ゆっくりと考えるべきだ。

焦りとは、何らかの不安を解消したい気持ちから生まれるもの。
だが、その目標を達成することであなたの不安は100%解消されるのだろうか。不安が解消された先に待つのは本当に幸せだろうか。
本当に他に道はないのだろうか。

本当に心から達成したいと思っている目標であれば、そこに焦りは生まれない。
楽しい、幸せ、やりがい、というようなプラスの感情が生まれるはずである。

【嫌なことはやりたくない】それならやらなくていい。

何かものすごく嫌なことがあったら、その度にこう考える。

「やる」か、「やめる」か。

早々に決断するべき、なぜなら楽だから

私は、嫌なことは基本的にはやめていいものだと思っている。
ただ、やめてしまった先に大きなデメリットがあったり、やめずに続けた先に大きなメリットがあったりすると辞めるかどうか悩む羽目になる。

こういう時には早々に決断しないといけない。

「やる」か、「やめる」か。

不思議なもので、嫌な事について悩んでる時というのは「嫌な事をしている最中」ではなく「嫌な事をする直前」だったりする

悩む内容も「〇〇が嫌だなぁ」ではなく

「何で〇〇しなきゃいけないんだろ」
「〇〇いつまで続くんだろ」
「〇〇やめる方法ないかな?」
「他の人は〇〇どうしてるんだろ」
「〇〇できなかったらどうしよ」
「〇〇する必要ある?」

というように、〇〇そのものというよりは、〇〇する以前の問題で悩んでいることが多い。突き詰めると、〇〇を「やる」べきか「やらない」べきかで悩んでいるということだ。

つまり私が何を言いたいかというと・・・

頭を悩ませるほど嫌なことは、早々に「やる」か「やらない」かをスパンと決めてしまった方がいいという事だよ。

決断する。そうすれば、やりたくないとは思わない。

「やる」メリットとデメリット。
「やらない」メリットとデメリット。
この両方を冷静に天秤にかけて、やるかやらないかを決める。

そして決めてしまったら
「考えた結果、私はやるんだ!」「考えた結果、私はやめるんだ!」と固く決意する。これだけで、ほら!もう悩む必要なんてなくなるでしょ?

決意が固ければ固いほど、後にモヤモヤと悩む気持ちは縮小していく。

どうせ悩むのなら
「なんでやらなきゃいけないんだろ〜やだな〜」
とふわふわ曖昧に悩むのではなく

「やるかやらないか!どっちが私にとって得だ!」
と、確実に白黒はっきりつける勢いで悩むべきだ。

記事ネタ探しについて、アイディアをまとめた

文章を書くのは好きです。ですが、ネタ探しは苦手です。
わざわざブログに書いて公開するほどの面白いネタなんて、なかなか見つからないんですもん。

そんな私や私のような人のために、ネタ探しの方法をまとめたのでメモ。

最初に結論

いろいろアイディアを出しましたが、個人的に「良さそう」と思ったのがこちら。

1位.今悩んでいる事に対する考えを書く。
2位.関連キーワードツールを使って目についたものをガンガン書く
3位.買ったもののレビュー記事を書く。

各詳細は下記をご覧ください。
ランクインしたものには色つけてあります。

思いつく限りのアイディア

・「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」をみて、その質問に応えるつもりで記事を書く。
とりあえず、誰かにとって役立つ記事にはなりそうです。自分の得意な分野が良いでしょう。

買ったもののレビュー記事を書く。
食べ物でも本でもゲームでも雑貨でも。部屋の中を見回して目についたものの記事を書くだけなので簡単。写真付きの記事をかけるところがポイント高いです。

今悩んでいる事に対する考えを書く。
まさにこの記事のような感じです。自分にとっても頭の整理になるので良いです。ただのメモにならないように、他の人が読んでもわかりやすくまとめるのがコツですね。

・季節ネタの記事を書く。
季節のネタはロングテール記事。季節のネタであれば、大体どんなものを書いてもロングテール記事として末永く機能し続けてくれます。特に書きたいことがない時は書いておくのが無難です。ただし、タイトルのキーワード選定だけはしっかりやること。

・ニュース記事に対する感想。
基本的に私はニュース記事にあまり興味が無いので、この方法は全然使わないです。ですがトレンド記事はアクセス数を瞬間的に稼ぐ方法としてはかなり有名です。新しい物好きな方はやってみても良いかと。

・いま勉強している事をノートにまとめるつもりで書く。
ブログをノート代わりに使う方法です。調べながら書くことになるので、書くのに時間はかかりそうです。ですが勉強しがてら記事をかけるという点は大きなメリット。資格勉強などされている方におすすめ。知らない単語をどんどんまとめていって、辞書サイトみたいにするのも悪くないですね。

・好きなキャラクターについて大いに語る。
楽しみながら書けるところが最大の利点です。アクセスはあまり期待できません。ただし、あなたの同士は記事を読みに来てくれるかもしれません。

関連キーワードツールを使って目についたものをガンガン書く
こちらのサイトがおすすめ。適当なキーワードを入力するとgoogleサジェストが表示されるので、そこから好きなキーワードを選んで書きましょう。お題にそって書く感じです。高アクセスが見込めます。おすすめ。
こんなところでしょうか。