【クレーマー】責任を負うのが嫌だから、仕事が嫌いという考えに同意する その2【怖い】

責任を負うのが嫌だから、仕事が嫌いという考えに同意する その1 の続きです

責任とクレーマーについて

「責任を負わない仕事なんて、それでいいものが出来るはずがない」と、責任を負うことを当然と主張する方もいる。それはもちろん同意なのだが、どうも僕には頂いた代金に対して責任を負う範囲が広すぎるような気がしてならないんだ。

僕みたいなフリーランスは「やばい」と感じるクライアントを事前にお断りすることが出来る。だからまだマシな方。
中には「どんなお客様でもお断りしない」というスタンスの職業の方もいるだろう。主に接客業。
そういう人達は、本当にどうやってストレスを解消しているのか気になる。。。
ただ単に慣れと考え方の問題なのだろうか。

「クレームを言うお客様は、将来ファンになってくれる可能性のある人だ」という考え方について
これ、本当?
上記の例にも当てはまるの?

お客様「ここのデザイン修正して」

回答A「はい」 → お客様「この会社どれだけでも修正してくれるからいいとこだわ^^ファンになったわ^^」
回答B「(それ以外の回答)」 → お客様「は?金払ってるのにありえない!」

(´・ω・`)

余談

友達に上記のトラブルの愚痴をこぼしたところ、「じゃあBtoBの商売すればいいじゃん。BtoBならそこまでおかしいクライアントはいないでしょ?」とアドバイスを貰った。
確かに、僕も同じように考えたことがある。

・・・・・・残念・・・・上記のトラブルはBtoBのものです・・・・・・。

 

SNSでもご購読できます。